女流陶芸家として活動しながら、自作の器に料理を盛りつける事を楽しみ、自然やアンティークを愛する日々


by cinnamon_artno

化粧日より〜☆

暑いですね〜(>_<)!!!
でも、太陽照りつける夏日は、
化粧掛け日よりなのです。

化粧掛けとは、鉄分の入った赤土に白い化粧土の泥しょうをかける作業
ちょこっと堅く、乾燥気味の状態で掛けるので
サッと白化粧が乾いてくれないと、
乾燥した、赤土が急に水分を含み過ぎて、くずれてきてしまうのです☆

なので、
こんな夏日は、最適な化粧掛け日より♪
e0060452_5293025.jpg

赤土といっても茶色ですが、ここに白化粧をします。
e0060452_5295940.jpg

うっすらとベースの赤土が透けています。
e0060452_5312942.jpg

e0060452_5334630.jpg

この透けている赤土が、焼成後は
e0060452_5402071.jpg

模様の凸の部分に赤土の鉄分が浮き出て、茶色っぽい色味が現れます♪
☆レース文丸平皿は、現在『陶工房』さんで販売中です。
 よかったら覗いて見ていただけると幸いでっす(^3^*)♪
by cinnamon_artno | 2008-08-14 05:38 | 陶芸家のお仕事