女流陶芸家として活動しながら、自作の器に料理を盛りつける事を楽しみ、自然やアンティークを愛する日々


by cinnamon_artno

土曜教室〜☆

ある日教室☆
祖師谷陶房で最近みんなが注目している、磁器で制作された
『木のオブジェ』がいよいよ窯に入る事に〜♪

制作しているのは、土曜教室の生徒さん!
e0060452_1164435.jpg

「無事に焼けてくれよぉ〜♪」と願いつつ〜♪

この木のオブジェは、彼の苦労の結晶☆
磁器という扱いが難しく接着しにくい粘土を使用し、細かい枝の細工を施した木は
制作に半年、いや、研究時間も入れたら1年以上費やしている。

初期の頃の作品は、乾燥してくると枝が取れたりしていて
折角細工し終えた作品が、次の週に来ると枝が全部落ち果て
枯れ木と化していたのです・・・。(>_<)

その度に、皆が愕然とし、
他のクラスの生徒さんからも「あの木どうなった〜?」や
「彼は、何故一人黙々と木をつくり続けているのぉ〜?」と
聞かれ、どう答えていいのやら(+_+)だったのですが・・・。

そう、彼は木にはまる前は普通の電動ろくろで器を制作ていた方なのです。
明るく良くお話される生徒さんなのですが、木の制作に入ってからは
2階で一人、黙々と制作に没頭しているので、
前を知らない方には不思議な存在だったみたい

そして、研究の成果あり完成した、彼の一年越しの木☆
無事に焼き上がると良いですね〜。

窯つめ担当スタッフゆうこちゃんも私も、ドキドキ☆です。
たぶん、明日の窯出しでは、
「え〜!ゆうこちゃん、記念に出していいよぉ〜♪」
「いやいや〜!しなちゃんこそ〜、遠慮せずどうぞ〜♪」
と、どっちが窯出しするか・・・ちょぉ〜笑顔で譲り合う二人が!!(^〜^*)♪
by cinnamon_artno | 2007-05-17 01:44 | 陶芸家のお仕事